出版図書

TOP > 出版図書 > 舗装

舗装

現在、販売されている図書のみ掲載しています。 なお、既刊図書のうち販売されていない図書は、当協会図書室で閲覧可能です。

出版図書(丸善出版発売)
※消費税は含まない
図書表紙 図書概要 図書紹介 購入
コンクリート舗装ガイドブック2016
コンクリート舗装ガイドブック2016

【定価】
本体 6,000円+税
【判型・フォーマット】
A4
【ページ数・時間】
348ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-334-0
【発行年月】
2016年3月
 近年,国の経済状況の停滞などのため,道路の維持管理に掛けられる予算が減少し,ライフサイクルコストを縮減できるコンクリート舗装にあらためて注目が集まっています。コンクリート舗装の特長を活かした適材適所での採用が行われるためには,広く深い知識の習得および技術力の向上が重要と考え,従前の指針・便覧等よりわかりやすく,かつ初心者でも理解できることを執筆の基本方針とし,図・表や写真を多く使い,本ガイドブックをとりまとめています。また,本文とは別に,コンクリート舗装に関する最新の知見等をコラムとして掲載しています。 丸善出版から購入
アスファルト舗装工事共通仕様書解説(改訂版)
アスファルト舗装工事共通仕様書解説(改訂版)

【定価】
本体 3,800円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
216ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-301-2
【発行年月】
1992年12月
 本書は、平成4年12月5日の「アスファルト舗装要綱」の全面改訂に時期をあわせて、共通仕様書についても、要綱改訂の趣旨を徹底させるとともに、仕様書の果たすべき役割についても再整理することとして、アスファルト舗装小委員会の下にアスファルト舗装工事共通仕様書分科会を設置して種々の課題についての検討を行い、改訂版として発刊したものです。 丸善出版から購入
アスファルト混合所便覧(平成8年版)
アスファルト混合所便覧(平成8年版)

【定価】
本体 2,600円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
162ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-312-8
【発行年月】
1996年10月
 「アスファルト混合所便覧 」は、昭和50年9月に初めて刊行(昭和54年に一部改訂)されたもので、「平成8年版」は、ほぼ20年ぶりに大改訂されたものです。改訂の主要点は 、大きくみると次の 3 点です。
① アスファルト混合所における再生混合物の生産が一般化した状況を踏まえ、新規混合物、再生混合物の双方に対応できるアスファルト混合所便覧にしたこと
② アスファルト混合所の設備 、運営管理に関連する 現行法令、技術基準類との整合を図ったこと
③ アスファルト混合所における諸設備、装置ならびにアスファルト混合物の製造と各種管理関連記述を最近の状況に合わせたこと、特に品質管理に関しては、いわゆる品質管理試験による管理の前に実施すべき作業標準に基づく品質管理の記述を充実 させたこと
丸善出版から購入
舗装調査・試験法便覧(全4分冊)
舗装調査・試験法便覧(全4分冊)

【定価】
本体 25,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
1480ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-325-8
【発行年月】
2007年6月
 本便覧は、従前の舗装試験法便覧の内容を国際標準による単位系の改訂や、試験装置進化など最新の情報を元に改定するとともに、維持管理主体の時代に対応し、供用路線の現況を把握し、維持管理を行う現場で実際に用いる調査方法の種類をまとめて追加しました。 丸善出版から購入
耐流動アスファルト混合物
耐流動アスファルト混合物

【定価】
本体 2,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
84ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-315-9
【発行年月】
1997年1月
 本書は、PIARC(世界道路協会)の許諾を得て翻訳したものです。本書には、最近のトラック用シングル偏平タイヤの普及によるわだち掘れ発生に対抗する、ヨーロッパにおける種々の耐流動混合物の配合設計法、アメリカのSHRP,カナダのケベック州におけるアスフアルト配合設計の変遷など、多くの話題が盛り込まれております。 丸善出版から購入
舗装の構造に関する技術基準・同解説
舗装の構造に関する技術基準・同解説

【定価】
本体 3,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
104ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-316-6
【発行年月】
2001年9月
 平成13年6月までは、舗装の構造に関して通達以上の統一的な基準は定められていませんでした。このため現場では、「アスファルト舗装要綱」等に基づき舗装の設計・施工が行われてきました。平成13年3月の「規制緩和推進3か年計画」を受けて、舗装の構造の基準についても性能規定化され、道路構造令が改正されるとともに、舗装の構造が有すべき具体的な性能については、新たに制定された「車道及び側帯の舗装の構造の基準に関する省令」において規定されました。これらの政省令の施行にあわせて、「舗装の構造に関する技術基準について」(都市・地域整備局長・道路局長)として通達されました。本書は、この技術基準について解説したものです。 丸善出版から購入
舗装設計施工指針 平成18年度版
舗装設計施工指針 平成18年度版

【定価】
本体 5,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
345ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-322-7
【発行年月】
2006年2月
 本指針は、技術指針に定める内容を適切かつ効率的に実施していくために、設計・施工における舗装関係者の理解と判断を支援する実務的なガイドラインとして刊行するものです。 丸善出版から購入
舗装施工便覧 平成18年度版
舗装施工便覧 平成18年度版

【定価】
本体 5,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
374ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-323-4
【発行年月】
2006年2月
 本書は、従来のアスファルト舗装要綱、セメントコンクリート舗装要綱および簡易 舗装要綱をもとに、舗装の適切な施工を行うための技術参考書として、文献、資料等を取りまとめたものです。 丸善出版から購入
舗装再生便覧
舗装再生便覧(平成22年版)

【定価】
本体 5,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
290ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-330-2
【発行年月】
2010年12月
 アスファルトコンクリート塊の再生アスファルト混合物への利用率を高めるため,今回,「舗装再生便覧」の改訂を行いました。主な改訂内容は,@従前の針入度評価に加えて圧裂係数でも評価可能とするA圧裂係数を求めるための試験方法を示すB圧裂係数に基づく再生混合物の配合設計手法を示す,等です。そのほか路上で舗装を再生する工法を「現位置での再生工法」としてまとめました。平成16年版の便覧で巻末資料として示した各材料の品質規格等を本文にまとめて記述しました。 丸善出版から購入
舗装設計便覧 平成18年度版
舗装設計便覧 平成18年度版

【定価】
本体 5,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
316ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-324-1
【発行年月】
2006年2月
 平成13年の「舗装の構造に関する技術基準」の制定により,性能規定化を基軸とする新たな枠組みが導入され,舗装の設計・施工の自由度が大幅に高まりました。上記技術基準の解説書である「舗装の構造に関する技術基準・同解説」に続き,「舗装設計施工指針」及び「舗装施工便覧」も刊行されました。図書の発刊から5年目の平成18年,舗装の性能規定化,新たな環境問題への対応を推進するため,「舗装設計施工指針」及び「舗装施工便覧」を改訂し,「舗装設計便覧」を発刊するものです。 丸善出版から購入
舗装性能評価法(平成25年版)−必須および主要な性能指標編−
舗装性能評価法(平成25年版)−必須および主要な性能指標編−

【定価】
本体 2,800円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
130ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-331-9
【発行年月】
2013年4月
 平成13年,舗装分野に性能規定方式が本格的に導入されました。その後,信頼性と実用性に優れた評価法が求められる等,舗装を取り巻く環境が変化していることから,今般改訂を行い,平成25年版として発刊しました。主な改訂点は,疲労破壊輪数の値を確認する方法の一つとして理論的設計方法を用いた構造設計の照査方法を導入したこと,塑性変形輪数の値を確認するため簡便な方法を追加したこと,国際化対応のための記述の充実や試験装置の汎用性を踏まえた記述を加えたこと,等です。 丸善出版から購入
透水性舗装ガイドブック2007
透水性舗装ガイドブック2007

【定価】
本体 1,500円+税
【判型・フォーマット】
A4
【ページ数・時間】
76ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-326-5
【発行年月】
2007年3月
 いま、透水性舗装が注目されています。透水性舗装とは、雨水を舗装体内に浸透・一時貯留できる舗装で、@水溜りの防止や舗装表面の雨水の滞水防止による走行性改善と交通安全の向上A下水道の負荷軽減と道路排水施設の負荷軽減B雨水の貯留効果による雨水の河川への流出抑制、等の効果が期待できます。本ガイドブックは、実務担当者の参考となるよう、通常の透水性舗装を含めて、計画・設計・材料・施工・維持修繕・モニタリングについて、事例を紹介しながら解説しています。 丸善出版から購入
舗装性能評価法・別冊−必要に応じ定める性能指標の評価法編
舗装性能評価法・別冊−必要に応じ定める性能指標の評価法編

【定価】
本体 3,500円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
188ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-327-2
【発行年月】
2008年3月
 わが国の舗装の整備や維持管理は,成熟した社会を効率よく維持する目的で,性能指標を設定して発注する性能規定方式に移行しています。今回発刊する「舗装性能評価法別冊」では,積雪寒冷地等の自然条件,トンネルや交差点等の立地条件,環境保全等のニーズに対応する14の指標を取り上げ,その値を評価する方法を具体的に紹介しています。その中には,二酸化炭素(CO2)の削減や都市型洪水の予防に関するもの等,従来は舗装の性能として認識されていなかった項目も含まれています。 丸善出版から購入
環境に配慮した舗装技術に関するガイドブック
環境に配慮した舗装技術に関するガイドブック

【定価】
本体 4,500円+税
【判型・フォーマット】
A4
【ページ数・時間】
276ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-328-9
【発行年月】
2009年6月
 環境舗装に対するニーズの増大を受け,このたび,「環境改善を目指した舗装技術(2004年度版)」の構成と内容を大幅にリニューアルした「環境に配慮した舗装技術に関するガイドブック」を発刊することになりました。本書においては,現在発生している環境問題の背景,原因,実施されている様々な対策についての情報を整理し,種々の環境問題に対応可能な舗装技術とその効果の程度を具体的に示しています。舗装関係者がより広い視点で様々な環境問題に対応できるようまとめています。 丸善出版から購入
コンクリート舗装に関する技術資料
コンクリート舗装に関する技術資料

【定価】
本体 1,500円+税
【判型・フォーマット】
A4
【ページ数・時間】
70ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-329-6
【発行年月】
2009年8月
 コンクリート舗装は長寿命という理由だけでは選定されることが難しくなっており,適材適所に用いるためには,特徴や性能等を十分把握することが必要です。アスファルト舗装に比べて施工実績が少なく,このままでは技術の伝承が難しく,舗装技術の低下も懸念されています。そこで,コンクリート舗装がその特徴を活かして適用されるよう,「コンクリート舗装に関する技術資料」を発刊するものです。本書では,普及推進に必要となる設計・施工・補修等の情報や知見をまとめています。 丸善出版から購入
舗装の維持修繕ガイドブック2013
舗装の維持修繕ガイドブック2013

【定価】
本体 5,000円+税
【判型・フォーマット】
A4
【ページ数・時間】
250ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-332-6
【発行年月】
2013年11月
 社会資本整備重点計画(平成24年7月)や国土交通省技術基本計画(同年12月)で,今後の社会資本の維持管理の戦略的な実施等の必要性が示されました。平成25年6月には,社会資本整備審議会道路分科会道路メンテナンス技術小委員会で,点検,診断,修繕等の措置や長寿命化計画等の充実,維持管理の業務サイクルの構築の重要性が示されています。こうした流れを踏まえ,今回,維持修繕の考え方や工法の選定手法,性能の確認・検査等についてガイドブックとしてとりまとめました。 丸善出版から購入
舗装の環境負荷低減に関する算定ガイドブック
舗装の環境負荷低減に関する算定ガイドブック

【定価】
本体 3,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
150ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-333-3
【発行年月】
2014年1月
 平成20年に発刊された「舗装性能評価法別冊」には,15の性能指標が示されています。そのうち「CO2排出量低減値」と特定都市河川浸水被害対策法に基づく透水性舗装の「最大流出量比」の2つの指標の評価は,やや煩雑な計算処理が必要なこと等の課題がありました。そこで,基準値の設定や提案値の算出を正しく速やかに行うための参考図書として,本書を刊行しました。代表的な工法について算定例を挙げて手順を説明するとともに,様々な工法にも対応できるようになっています。 丸善出版から購入
Get Adobe Reader

別ウィンドウで開きます。