出版図書

TOP > 出版図書 > 道路震災対策

道路災害対策

現在、販売されている図書のみ掲載しています。 なお、既刊図書のうち販売されていない図書は、当協会図書室で閲覧可能です。

出版図書(丸善出版発売)
※消費税は含まない
図書表紙 図書概要 図書紹介 購入
道路震災対策便覧 (震災危機管理編) 令和元年7月
道路震災対策便覧 (震災危機管理編) 令和元年7月

【定価】
本体 5,000+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数】
326ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-609-9
【発行年月】
2019年9月
「道路震災対策便覧」は、平成22年10月までに、震前対策編、震災復旧編、震災危機管理編の三編が発行されています。震災危機管理編は、地震発生直後において道路管理者が執るべき行動の基本方針をとりまとめています。その後、平成23年3月東北地方太平洋沖地震、平成28年4月熊本地震などの大規模地震が発生しており、それら地震災害によるハード、ソフト両面での   課題から教訓が蓄えられ、また、一方で大規模地震に関する法律の制定等も進められたところです。このような情勢を踏まえて、このたび 「道路震災対策便覧(震災危機管理編)」の改訂を行いました。主要な改訂点は、(1)新しい法律、対策要綱等、最新の政府の取り組みの反映、    (2)東北地方太平洋沖地震や熊本地震等の被災を踏まえ、道路管理者が行うべき震災対策についての新たな考え方・事例等の反映、(3)津波に関する記載の充実、(4)道路管理者の創意工夫など、活用すべき事例の充実、(5)関連する技術基準の改訂、技術の新歩に伴う整合を図る    本編は、4章から構成されており、本便覧の目的及び震災危機管理の基本的な考え方を「第1章 総則」に、地震後の対応をスムーズに行うために必要な事前準備事項等を「第2章平常時における危機管理」に、震後対応の初動期において道路管理者が執るべき行動の内容等を「第3章地震発生後の対応」に、道路管理者間や関係機関との連携・支援・受援のあり方を「第4章連携・支援・受援」に記述しまし。さらに、本編の適用に際して参考となる関係法令・計画等、地震時の対応時系列、地震対応時の 報告様式事例を付属資料として添付しました。本便覧が、震災対策に携わる第一線の技術者の方々の業務に役立てられ、地震発生後の対応が迅速かつ適切に進められることを念願してやみません。 丸善出版から購入
道路震災対策便覧(震前対策編)平成18年度改訂版(表紙)
道路震災対策便覧(震前対策編)平成18年度改訂版

【定価】
本体 5,800+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数】
388ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-606-8
【発行年月】
2006年9月
丸善出版から購入
道路震災対策便覧(震災復旧編)平成18年度改訂版(表紙)
道路震災対策便覧(震災復旧編)平成18年度改訂版

【定価】
本体 5,800円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数】
410ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-607-5
【発行年月】
2007年5月
 主な改訂点は以下の通りです
1)新潟県中越地震等における大規模災害の復旧事例を追加
2)新潟県中越地震等における復旧対応の流れを記述した事例集を追加
丸善出版から購入
Get Adobe Reader

別ウィンドウで開きます。